Lander

Home

CATEGORY

mutsumi leeの配給日記:映画作りとは、果てしなく続く長い旅

Mar.26.2017

〜Lander代表mutsumi leeがはじめての映画配給体験を綴る徒然日記〜

映画の種が、ポトッとこの世界に落ちてきた、その決定的瞬間に立ち会い、

シナリオを作り、プリプロ、撮影、ポスプロを経て、

劇場公開という晴れ舞台を用意し、

その後に続くDVDやオンデマンド配信、海外セールスに至るまで、

全ての過程を切り盛りする機会を得られるのは、幸運なことだと思う。(大変だけど)

いま言えることは、映画作りは、製作現場で終わることではないということだ。

配給も宣伝も映画作りである。

上映する映画館が決まったら、今度は映画館と二人三脚で映画を作っていく。

長い長い道のりだ。

そして公開されたなら、観客と共に映画が作られていく。

映画を観て生まれた感情そのものが、もう一つの映画だからだ。

映画作りとは、終わることのない、果てしない旅なのだ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』6/24全国ロードショー
*劇場にてステッカー付き前売り券、¥600で絶賛発売中!*
@ヒューマントラストシネマ渋谷 @シネ・リーブル梅田
img
▼オフィシャルサイト
http://highheels.lander.jp/
▼Twitter
https://twitter.com/inchul_muu
▼facebook
https://www.facebook.com/movie.highheel/
▼Instagram
https://www.instagram.com/inchul_muu_film/

mutsumi leeの配給日記:忘れてた!危なかった

Mar.22.2017

〜Lander代表のmutsumi leeがはじめての映画配給体験を綴る徒然日記〜

配給とは地道な営業作業で、全国の映画館に1件1件電話をして作品を紹介するところからスタートする。

今日は、地方都市のある映画館に2回目の電話営業をした。
前回のアポイントで作品を送ったので、その反応を聞くのが目的。

その映画館の支配人との話に、はっとした。

この映画をどうやってお客様に届けるか、どんな風にすれば制作者の思いが伝わるか、そもそも伝える価値がある思いなのか…とてもとても真剣に考えて映画をセレクトしていらっしゃる。

作り手である私自身が話題になる宣伝手法ばかりに気を取られて、この映画で届けたい本質の部分を伝えることを疎かにしていたことに気付かされた。

今気がつくことができてよかった。

ありがとうございます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』
6/24全国ロードショー
*劇場にてステッカー付き前売り券、¥600で絶賛発売中!*
@ヒューマントラストシネマ渋谷 @シネ・リーブル梅田
img
▼オフィシャルサイト
http://highheels.lander.jp/
▼Twitter
https://twitter.com/inchul_muu
▼facebook
https://www.facebook.com/movie.highheel/
▼Instagram
https://www.instagram.com/inchul_muu_film/

イ・インチョル監督作『ハイヒール』6.24全国公開決定

Feb.26.2017

弊社所属の映画監督イ・インチョルが脚本・監督を務めた『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』の全国公開が決定しました。

6月24日ヒューマントラストシネマ渋谷での公開を皮切りに、他全国で上映予定です。
美の追求と詩的な映像表現で世界を魅了する、イ・インチョルの世界をたっぷりとお楽しみください!

hl02
Landerでは、本作の企画制作から、配給、宣伝までを自社で行っています。
忙しい女性でも映画館で映画を味わう機会を増やせたらいいのに、という思いから30分の作品を「時短映画」と名付け、短い時間で上質な映画を楽しもうというムーブメントを起こそうと画策中。

▼Web限定企画やプレゼントキャンペーンなど随時公開しますので、ぜひチェックしてください!
公式HP
http://highheels.lander.jp/

公式Twitter
https://twitter.com/inchul_muu

公式facebook
https://www.facebook.com/movie.highheel


▼予告篇第一弾


本作はハリウッド女優菊地凛子主演、CHANELやMIHARA YASUHIROが衣装特別協力ということで、映画業界だけでなくファッション界からも注目されています。期待の若手大型新人、イ・インチョルの独自の映像美や詩的な表現力 が存分に発揮された本作。カンヌ国際映画祭関係者からも評価のコメントをいただきました。

現在 公開に向け、本篇に追加するオープニングエピソー ドを製作中です。担当するのは、Mr.ChildrenのMVなどを手がける映像作家の半崎信朗。美しく哲学的でありながらも親しみやすい作風は中毒性が高く、彼の世界観に魅了されるファンも多数。

▼アニメーションサンプル公開中


▼オープニングストーリー
人間 の果てなき欲望が世界を滅ぼしかけたとき、人々 は欲望を捨てて世界 を救うため、自らアンドロイドになることを選んだ。ところが長い年月が経っ たある時、一部 アンドロイドに突然エラーが起きて「欲望」が再び芽生え てしまう。「こだわり」という欲望、「好奇心」という欲望、「自由」へ 欲望、そ して「欲望」そのもの… 遠い未来で「欲望」という人間らしさを取り戻してしまったアンドロイドたちが 引き起こすおとぎ話とは…

▼本篇あらすじ
真剣に靴を作り続けるアンドロイド靴職人Kai(カイ・菊地凛子)。 Kaiにとって靴を作ることそのものが最も尊く大切なことである。 ある日、自分好みを靴を作りたいという客がKaiにハイヒールをオーダーする。何度も何度も作りなおしてやっと完成した完璧なハイヒール。ところが客が履いてみると、片方のサイズがほんすこし合わない。Kaiは必ず解決すると客を説得し、再びハイヒールと向き合うが…

American Film Market@santa monica

Nov.19.2016

11月はしばらくLAにいました。
滞在中、サンタモニカで開催されていたAFMに初参加!
AFMでは毎日カンファレンスが開催され、ハリウッドの凄腕プロデューサーに自分の映画の企画をピッチするピッチカンファレンスや、sales agancy、talent agancy、distribution companyとの付き合い方、fundingについてなど、映画ビジネスには必要不可欠な話を聞くことができました。
基本的なことも多いけれど、ハリウッドならでは、インターナショナルならではの事情も聞けてよい機会でした。

ハリウッドでは、そこらじゅうにエンターテイメント関係者がいるので、本物とニセモノを区別し、本物と繋がることがとても重要というのはよく言われること。今回は特に売り込みとかコネ作りをするなどアグレッシブなスタンスではなかったけれど、偶然仲良くなった女性がウィリアム・モリス事務所のマネージャーでびっくり!滞在中は何度かMTGして映画や監督へアドバイスもらい、帰国後もメッセージのやりとりが続いています。

ウィリアム・モリスと言えば…カーテンの柄の方ではないですよ^^;アメリカの4大エージェンシーでハリウッド俳優やミュージシャンはもちろん、映画監督も所属している事務所です。スターウォーズのJ・J・エイブラムス、リドリー・スコット、マイケル・ベイ、クリント・イーストウッド、タランティーノなど錚々たる顔ぶれが。。雲の上の世界のような人たちと、さらっと出会えてしまったりもするのがアメリカぽいな〜と思ったLA出張でした。

2016-11-07-16-44-49

シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテル台北

Aug.09.2016

7月に台湾へ行ってきた。台北のシャングリ・ラホテルのルーフトッププールに行くためだ。43Fの屋上のプールは、台北で一番高い場所にあるプールだそうだ。現在進めている映画の企画に「泳ぐ女」が登場する。彼女はアジアのとあるホテルのプールで泳ぐという設定なので、その場所を探してまずは台北へ飛んだ。

シャングリ・ラのルーフトッププールは思ったよりも小さかった。日中は屋根がなく日差しが暑いのであまりおすすめしない。私が想像していたカクテルを飲みながら本を読み気が向いたら泳ぐというような大人のプールサイドではなく、こじんまりとした子供向けプールといった感じ。日焼けした若い管理人のお兄さんは、市民プールの監視員風。イメージと違ってがっかりしたが、映画のシーンは夜なので、気を取り直して夜に再び来てみることにした。
IMG_9050

MORE


夜のルーフトッププールはガラッと雰囲気が変わり、かなり理想に近づいていた。夜景の効果は凄い。ガラス越しに見える夜景と、ガラスに反射する水が融け合って一層ロマンティック。東南アジアに近いムンとする湿度が、何か物語が始まりそうな雰囲気を盛り上げる。シャングリ・ラのプールは撮影場所の候補になるかどうかはまだわからないが、素晴らしいインスピレーションを得ることができた。
IMG_9061 IMG_9123
余談だが、ホライゾンラウンジで朝食をいただくなら、ぜひ台湾メニューをセレクトしよう。3泊して最初はパンケーキやワッフルを頼んだところ、驚くほどまずかった。ビュッフェ形式のおかゆや小籠包は美味しいのに。なんでだろう〜とキョロキョロしていたら、キッチンから出てきたシェフらしき人が中華料理ベテラン風のおじおばさんだった(おじさんかおばさんかわからない)。単純に最近流行りのパンケーキやワッフルをよく知らないまま作っているんだと思う。なのでシェフが得意な料理をオーダーするのが懸命だ。

CLOSE

『ハイヒール』公式サイトオープン

Nov.24.2015

『ハイヒール』の公式サイトがオープンしました。
今後少しずつコンテンツを公開していきます。
ぜひチェックしてください!

http://highheels.lander.jp/

短編映画『ハイヒール』菊地凛子インタビュー公開

Nov.24.2015

『ハイヒール』主演の菊地凛子さんのインタビューがNumero.jpで公開されました。

ハイヒール出演の決め手や、撮影エピソードを語ってくれています。映画のテーマは「こだわり」。凛子さんにとってのこだわりや、オンとオフの切り替え方なども披露されています^^
http://numero.jp/talks12/

スクリーンショット 2015-11-24 17.47.32

Numero11月号にイ・インチョル(李寅哲)監督 映画『ハイヒール』掲載

Sep.28.2015

NUMERO01IMG_8785

9月28日発売のNumero TOKYO 11月号で弊社のイ・インチョル(李寅哲)監督作品『ハイヒール』が1ページに渡って掲載されています。

映画撮影中で、演じる役のままのポートレートというホットで贅沢なショットです。

菊地凛子さんが、なぜ無名の新人監督の作品に出演を決めたのか、その理由がわかります!

ぜひお手にとってご覧になってみてください。

菊地凛子主演 イ・インチョル(李寅哲)監督『ハイヒール』クランクアップのお知らせ

Sep.28.2015

Kay_2

菊地凛子が主演する弊社の自主製作短編映画「ハイヒール」が8月にクランクアップいたしました。
監督・脚本はLander所属のイ・インチョル(李寅哲)。19歳に来日して以来、活動の拠点を日本に移し、本作が監督2作目という注目の若手です。

脇を固めるキャストは、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」にレギュラー出演中の小島藤子、映画「水の声を聞く」主演の玄理、モデルで数々の雑誌の表紙を飾り、近年はグリコやメニコンのCMにも出演する谷口蘭が演じています。

映画製作は現在、2016年のワールドプレミアと国内公開に向けて、ポストプロダクションが進行中!ポスプロにも日本を代表する素晴らしい才能が集結し、日本から世界へ向けて発信されるべき一大プロジェクトになりつつあります。

MORE


これが本当に自主制作!?という脅威のスケール感とクオリティ。
間違いなく日本のインディペンデント映画に新しい風を送り込む作品「ハイヒール」
完成をお楽しみに!


『ハイヒール』
時は4015年。「こだわり」のために生きる美しき靴職人は、脳人類(アンドロイド)だった。
アンドロイドに人間らしさが生まれるとき、いったい何が起こるのか….

【あらすじ】
真剣に靴を作り続ける靴職人Kay(カイ・菊地凛子)。
Kayにとって靴を作ることそのものが最も尊く大切なことである。
ある日、自分の好みを靴を作りたいという客がKayにハイヒールをオーダーする。
何度も何度も作りなおしてやっと完成した完璧なハイヒール。ところが客が履いてみると、片方のサイズがほんのすこし合わない。Kayは必ず解決すると客を説得し、再びハイヒールと向かい合うが….

【キャスト】
主演 菊地凛子 Kay(カイ)

Blue/小島藤子、Yellow /玄理、Red/谷口蘭

【メインスタッフ】
監督:イ・インチョル(李寅哲)
脚本:イ・インチョル(李寅哲)、Mutsumi LEE
エグゼクティブプロデューサー:Mutsumi LEE
撮影:石坂拓郎
照明:舘野秀樹
装飾・アートディレクター:Mutsumi LEE
特殊美術:百武朋
美術特別アドバイザー:佐々木尚
メイクアップティレクター:Yuka Washizu
メイク:清原貴絵
ヘア:Tomoko Sato
スタイリスト:仙波レナ
スチール:菊池良助
編集:上野聡一

【協力・協賛】
衣装特別協力:CHANEL 
靴提供:MIHARA YASUHIRO
インテリア協力:CIBONE、MIHARA YASUHIRO

【プロダクション】
製作:Lander Inc.
製作国:日本

2016年公開予定!!

CLOSE

Inchul LEE監督&映画ソムリエ東紗友美さんトークショー

Mar.04.2015

先日杉並区で開催された映画際で、Inchul LEE監督がヒガシアターこと映画ソムリエ東紗友美さんとトークショーを行いました。
「世界を目指す自主映画とは」というテーマで、普段なかなか知ることができない映画製作現場のお話をしています!

前回作品の撮影の裏話や、カンヌ国際映画祭の様子、現在進行中の新作について自主映画の観点から自身の経験を語っていますのでぜひご覧ください!

MORE


CLOSE