Lander

Home

CATEGORY

mutsumi leeの配給日記:映画作りとは、果てしなく続く長い旅

Mar.26.2017

〜Lander代表mutsumi leeがはじめての映画配給体験を綴る徒然日記〜

映画の種が、ポトッとこの世界に落ちてきた、その決定的瞬間に立ち会い、

シナリオを作り、プリプロ、撮影、ポスプロを経て、

劇場公開という晴れ舞台を用意し、

その後に続くDVDやオンデマンド配信、海外セールスに至るまで、

全ての過程を切り盛りする機会を得られるのは、幸運なことだと思う。(大変だけど)

いま言えることは、映画作りは、製作現場で終わることではないということだ。

配給も宣伝も映画作りである。

上映する映画館が決まったら、今度は映画館と二人三脚で映画を作っていく。

長い長い道のりだ。

そして公開されたなら、観客と共に映画が作られていく。

映画を観て生まれた感情そのものが、もう一つの映画だからだ。

映画作りとは、終わることのない、果てしない旅なのだ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』6/24全国ロードショー
*劇場にてステッカー付き前売り券、¥600で絶賛発売中!*
@ヒューマントラストシネマ渋谷 @シネ・リーブル梅田
img
▼オフィシャルサイト
http://highheels.lander.jp/
▼Twitter
https://twitter.com/inchul_muu
▼facebook
https://www.facebook.com/movie.highheel/
▼Instagram
https://www.instagram.com/inchul_muu_film/

mutsumi leeの配給日記:忘れてた!危なかった

Mar.22.2017

〜Lander代表のmutsumi leeがはじめての映画配給体験を綴る徒然日記〜

配給とは地道な営業作業で、全国の映画館に1件1件電話をして作品を紹介するところからスタートする。

今日は、地方都市のある映画館に2回目の電話営業をした。
前回のアポイントで作品を送ったので、その反応を聞くのが目的。

その映画館の支配人との話に、はっとした。

この映画をどうやってお客様に届けるか、どんな風にすれば制作者の思いが伝わるか、そもそも伝える価値がある思いなのか…とてもとても真剣に考えて映画をセレクトしていらっしゃる。

作り手である私自身が話題になる宣伝手法ばかりに気を取られて、この映画で届けたい本質の部分を伝えることを疎かにしていたことに気付かされた。

今気がつくことができてよかった。

ありがとうございます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』
6/24全国ロードショー
*劇場にてステッカー付き前売り券、¥600で絶賛発売中!*
@ヒューマントラストシネマ渋谷 @シネ・リーブル梅田
img
▼オフィシャルサイト
http://highheels.lander.jp/
▼Twitter
https://twitter.com/inchul_muu
▼facebook
https://www.facebook.com/movie.highheel/
▼Instagram
https://www.instagram.com/inchul_muu_film/

American Film Market@santa monica

Nov.19.2016

11月はしばらくLAにいました。
滞在中、サンタモニカで開催されていたAFMに初参加!
AFMでは毎日カンファレンスが開催され、ハリウッドの凄腕プロデューサーに自分の映画の企画をピッチするピッチカンファレンスや、sales agancy、talent agancy、distribution companyとの付き合い方、fundingについてなど、映画ビジネスには必要不可欠な話を聞くことができました。
基本的なことも多いけれど、ハリウッドならでは、インターナショナルならではの事情も聞けてよい機会でした。

ハリウッドでは、そこらじゅうにエンターテイメント関係者がいるので、本物とニセモノを区別し、本物と繋がることがとても重要というのはよく言われること。今回は特に売り込みとかコネ作りをするなどアグレッシブなスタンスではなかったけれど、偶然仲良くなった女性がウィリアム・モリス事務所のマネージャーでびっくり!滞在中は何度かMTGして映画や監督へアドバイスもらい、帰国後もメッセージのやりとりが続いています。

ウィリアム・モリスと言えば…カーテンの柄の方ではないですよ^^;アメリカの4大エージェンシーでハリウッド俳優やミュージシャンはもちろん、映画監督も所属している事務所です。スターウォーズのJ・J・エイブラムス、リドリー・スコット、マイケル・ベイ、クリント・イーストウッド、タランティーノなど錚々たる顔ぶれが。。雲の上の世界のような人たちと、さらっと出会えてしまったりもするのがアメリカぽいな〜と思ったLA出張でした。

2016-11-07-16-44-49

ヒーリングトラベル ~湯田中温泉

Sep.12.2016

Junkan Salonのヒーリングメニュー開発のリサーチのため、週末はあちこちにヒーリングトラベルしています。

img_9389
長野駅からローカル線に乗り換えて湯田中にいってきました。
昼過ぎについてちょっと早めにチェックインできるかな、と旅館にいったら時間までは入れなかったので、駅前をぶらぶら。100mの間に5軒くらい小さなスナックの看板が。
駅前にいったい何軒のスナックがあるのかしら。
娯楽が少ない土地ならでは光景かな?
ランチ場所を探し歩いても、ポツリポツリとある居酒屋やラーメン屋も夜からの営業なので駅前のカフェに戻ることに。

l1010574
15時過ぎ改めてチェックインに行くと、せわしなく働く旅館のスタッフが増えていました。
閑散とした昼過ぎとは違い随分と活気が出て、次々にお客さんがやってきます。
ああ、ここは夜に動き出す街なんだ。
最近観なおした「千と千尋の神隠し」もそうだったな。昼間はひと気のない街が、日が暮れる頃からお店が開店し、お客さんがぞろぞろとやってくる。これが湯の町なんですね♪

さっそく軽やかな肌触りの温泉に入り、リラックスしたところ部屋で監督とアニメーションの制作会議。
やらねばと思いつつ集中して時間を取れなかったので、ここで終わらせねば。
東京ではあまりに忙しく様々なことに追い立てられているので、今回の旅は棚上げにしていたことを片付けるための週末オフィス移動という目的もアリ。

l1010591
会議を始めたら、あっという間に企画がまとまって、内容も大満足^^

そしてもちろんJunkan Salonのコンテンツリサーチも。温泉ヒーリングで自分のストレスや胃痛の軽減を感じる。外に流れる澄んだ空気、視界に入る自然も重要な要素ですね。

スパはアロマボディーコースを受けました。先日受けたJunkan Salonのアロマヒーリングメニュー「マイキャリーアロマ」診断によると、今の私に必要なものは「女性らしさ=ゼラニウム」だったので(全くその通り苦笑)、ゼラニウムベースのアロマをセレクト。
ゴリッゴリの首肩腰をほぐしてもらい、アロマの香りとマッサージのハンドタッチでとろけるように癒される。
2部屋あり2人まで同時施術が可能です。
ハンドタッチの強さも好みに合わせてくれるので、マッサージ慣れしていても物足りなさは感じませんでした。
(アロマボディーコース60分1万800円)

もうひと風呂して、もう一仕事しようと思っていたけれど、あまりに心地よくそのままベッドイン。

ヒーリングトラベル&週末オフィス移動シリーズ、今後も続きます。

▼宿泊情報
長野 湯田中温泉 旅館 あぶらや燈千
http://www.aburaya-tousen.co.jp/

お風呂に持っていく巾着は内側がビニール製だったり、スリッパにシールを貼って大浴場でも自分の物がすぐ分かったりと、本当に細やかな気配りが素晴らしい!お部屋もモダン和室にベッドというインテリアでセンスよく、眺めも居心地も◎食事も言うことなし!個室でお寿司握ってくれたり、だし巻き卵焼いてくれたりと、気分が盛り上がる演出も嬉しかった。スタッフの方一人ひとりのおもてなしレベルが高く、大満足です。

l1010578
img_9336

Paris 〜マダムのおしゃべり

Sep.12.2016

ファッションの都なのに、フランス人にとって身なりにお金をかけるのはこの上なく「ダサい」ことだそう。
女性もスッピンが一番。じゃあどんなことがカッコイイのか?
それは「知性があること」らしい。
ほー!オシャレはしたいけど、知性が一番評価される価値観は、いいね。
そういえば、サンローランのショルダーバッグを持って蚤の市に行ったら、お店のマダムが

「サンローラン?いくらしたの?まあ、高いわね~!サンローランやCHANELやディオールなんて高くなりすぎて、中国人しか買えないのよ!」

みたいなことを言っていた。
皮肉屋でおしゃべりなフランス人に、ちょっと馬鹿にされたんだろうな。

印象的だったのは、ルーブル美術館近くのセーヌ川沿いで静かに自分の小さな絵を売っていた初老の女性との出会い。
パリの有名なお店や風景がとても可愛く描かれていてつい立ち止まってしまった。
女性はとても簡素な出で立ちで物静かな雰囲気だったので、絵が無ければ彼女には気が付かなかったかもしれない。
お土産に絵を一つ選ぶと

「どこから来たの?」
「日本から」
「そう、昔日本に言ったことがあるわ」
「どこに行ったの?}
「日本全国」
「全国?すごい」
「クラシックバレエダンサーだったの、それで世界中いろいろなところにいったわ」
「素敵!昔バレエダンサーで今は画家なんだ。あなたはアーティストだね。」
「ふふふ、メルシー」

静かな笑顔と美しく深いしわ、いたずらっぽい瞳がキラリ。
あんな女性になりたいな、と思った。

l1010659

Paris 〜いつもの日常こそが抵抗の証

Sep.11.2016

滞在中はパリ支部代表のELIEにパリを案内してもらったり、フランス人の価値観や日本との違いについて話し込んだり、有意義な時間を過ごせた。

l1010411-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
フランスとテロの問題は根深く簡単に解決するようなものではない。
植民地化や移民政策など長い長い歴史が複雑に絡み合っている。
テロに対するフランス人の態度は普段通りに生活することが今のところ一番の対抗であるようだ。
別の知人に聞いたのは昨年の同時多発テロの翌日も勤務先のレストランは普段通りに営業し、スタッフたちはここで閉めたらテロに屈することだとオーナーに鼓舞されたという。

実際のところ街を歩いていると、迷彩服のアーミーが銃を持って見まわっていたり、警察がところどころで目立つ以外は異常な雰囲気を感じることもなく、観光客もそれなりにいるし人々はリラックスして過ごしているように見えた。

つづく

l1010335-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc (今年でビキニ誕生70周年!のポスター)

Paris 〜驚きのイミグレーション

Sep.11.2016

8月、Landerのパリ支部代表に会いにパリへ行ってきました。
一連のテロによる治安や情勢など、実際は現地の様子はどうなのかも確かめたかったのです。

l1010184-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2
明け方にシャルル・ド・ゴールに到着。

なんと驚くほど簡単にイミグレーション通過・・・
今まで色んな国にいったけれど、一番早かったかも。
さすがに今のフランスは厳しいだろうと覚悟していたので口あんぐり。
これじゃあテロリストも入りやすいんじゃなかろうか?と一抹の不安がよぎる。

空港からはサンジェルマン地区のホテルまでタクシーで移動。

朝5時にホテルについてしまうがチェックインは15時から。
運が良ければアーリーチェックインできるだろうと気楽に向かう。
そして本当に運良く部屋がすでに1室空いており、到着してすぐチェックインできた〜!
もちろん追加料金なし。

こういうところ海外は本当に融通が効くんですよね。
日本は・・まあ、真面目すぎ&個人の裁量範囲が狭いからこういうことは期待できないデス。

到着早々からフランス人の色々な面を垣間見れた気がした数時間でした。。。つづく。

l1010304-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテル台北

Aug.09.2016

7月に台湾へ行ってきた。台北のシャングリ・ラホテルのルーフトッププールに行くためだ。43Fの屋上のプールは、台北で一番高い場所にあるプールだそうだ。現在進めている映画の企画に「泳ぐ女」が登場する。彼女はアジアのとあるホテルのプールで泳ぐという設定なので、その場所を探してまずは台北へ飛んだ。

シャングリ・ラのルーフトッププールは思ったよりも小さかった。日中は屋根がなく日差しが暑いのであまりおすすめしない。私が想像していたカクテルを飲みながら本を読み気が向いたら泳ぐというような大人のプールサイドではなく、こじんまりとした子供向けプールといった感じ。日焼けした若い管理人のお兄さんは、市民プールの監視員風。イメージと違ってがっかりしたが、映画のシーンは夜なので、気を取り直して夜に再び来てみることにした。
IMG_9050

MORE


夜のルーフトッププールはガラッと雰囲気が変わり、かなり理想に近づいていた。夜景の効果は凄い。ガラス越しに見える夜景と、ガラスに反射する水が融け合って一層ロマンティック。東南アジアに近いムンとする湿度が、何か物語が始まりそうな雰囲気を盛り上げる。シャングリ・ラのプールは撮影場所の候補になるかどうかはまだわからないが、素晴らしいインスピレーションを得ることができた。
IMG_9061 IMG_9123
余談だが、ホライゾンラウンジで朝食をいただくなら、ぜひ台湾メニューをセレクトしよう。3泊して最初はパンケーキやワッフルを頼んだところ、驚くほどまずかった。ビュッフェ形式のおかゆや小籠包は美味しいのに。なんでだろう〜とキョロキョロしていたら、キッチンから出てきたシェフらしき人が中華料理ベテラン風のおじおばさんだった(おじさんかおばさんかわからない)。単純に最近流行りのパンケーキやワッフルをよく知らないまま作っているんだと思う。なのでシェフが得意な料理をオーダーするのが懸命だ。

CLOSE

私には世界を変えられなくても選択はできるということ

Jul.14.2016

個人的に年間サポートしているNGO団体「テラ・ルネッサンス」の代表・鬼丸昌也さんの話を聞きに行ってきました。ご本人も半分ネタでおっしゃってましたが、テラ・ルネッサンスと鬼丸という名前がカルトっぽいので宗教だと間違われることもあるようですが、まったくもってまっとうな、長年コツコツと活動を続けているNGOさんで、鬼丸さんは飾らないとても魅力的な方でした。
FullSizeRender 世界にも日本にも私の生活の目の前にも問題は転がっているわけですが、問題を解決するにはその原因をよく把握することがまず第一歩、ということをご自身の体験を元に説明してくれました。そして衝撃だったのは、私の何気ない日々の生活が、遠い遠い国で起きている戦争をより深刻にしている可能性があるというお話です。戦争の原因がまさか自分にもあるとは。。ショックとともに、問題の原因を把握することの重要性を思い知りました。

MORE


問題の原因を知れば、自分がどういう行動を取ればいいかの指針ができます。私ができることは、戦争の原因になる活動に加担している企業のサービスを使わないこと。世界を変えられなくても選択はできる。その小さな行動の積み重ねが大きなうねりとなっていくはずです。事実、消費者からのアプローチによって積極的に戦争に影響がある入手元の資源の取り扱いをやめるような企業も出ているそうです。

戦争に限らず、環境破壊、人権侵害、政治など、あらゆる問題についても同じですね。
私には世界を変えられなくても選択はできる。

今後もテラ・ルネッサンスさんはじめ、共感できる活動をされている方たちをサポートさせてもらい、私個人も企業としても学び成長したいと思います。

10月に出展するJunkan salonの展示会で、テラ・ルネッサンスさんのウガンダコーヒーや刺し子商品なども紹介・販売させてもらう予定です。お楽しみに。

CLOSE

循環プロジェクト

Jul.12.2016

循環プロジェクトを始動しました。前触れもない急な話ですが、今まで考えていた点と点が線になったので、こういうタイミングは逃さず、ざざーっと進めちゃったほうがよい。
軽井沢
心、身体、環境を「循環」させることをコンセプトに様々なコンテンツをプロデュースすることで、みなさんと一緒に学び、自らを癒やし、地球と共に成長できるような場所を作って行きます。まずはワークショップ開催など小さくスタートして、ゆくゆくは自然が豊かな場所にJunkan salonをオープンさせたい。軽井沢が第一候補。

MORE


2025年問題などでも指摘されているように、近い将来医療の負担額が増大し、ちょっと風邪を引いたから病院に行くということができなくなる可能性もあります。心身の健康を自己管理し、自然治癒力やセルフヒーリング力を高めることが、もっと大切で必要になってくると思います。

また、Junkan salonでは益々深刻になっている環境問題も踏まえてエネルギーも循環させたり、ゴミの発生を最小限に押さえる取り組みなどもしていきたい。実際のところ、リユースやリサイクルよりリデュース(消費生産の抑制)が一番の効果だとも言われています。USに2年間で30リットルしかゴミを出さないサンドイッチ屋さんもあるそうですね。そう、やればできるのです。


心を意識すると身体に、身体を意識すれば食に、食を意識すると環境に、というようにすべて繋がって行きますね。
そのつながりを自然に、心地よく感じられる場所にしたいな。

約25年前、私が中学生の時、環境破壊による地球温暖化問題を知り、衝撃を受けて1、2年間畜産物を食べないボイコットをひっそりしてみたり、国語の作文で環境破壊問題を書いたりしていました。しかし当時はまだ体感できるような温暖化は進んでいませんし、インターネットもないのでどこか遠くの国で起きている問題を我が事のように考えらる大人は皆無でした。残念ながら多くの人間は、危機が目の前に迫るまで、もしくは痛みを感じるまでは、問題から目を背けます(投票率の低さの原因も近い気が)。Junkan salonは個人的に思い入れが強い環境問題に対する自分なりの1つの答えでもあります。

また、病気を西洋医療で見つけることができても、それだけでは抜本的な治癒や病気になる原因を取り除くことはできないということも色々な場面で実感しました。例えばストレスで胃酸が出すぎると診断された場合、そもそものストレスを軽減させる方法は自分でどうにかするしかないからです。

このような自分の中にある問題意識や危機意識、興味などの点と点が少しずつ集まり、ちょっとしたトリガーによって線になったのがJunkan salon構想。今年10月開催のライフスタイル展示会にJunkan salonとして参加します。まずは心の循環をメインにコンテンツ紹介をする予定。今後のプロジェクト進行も都度アップデートします。

Mutsumi Lee

CLOSE