Lander

【Award】FWA MOBILE OF THE DAY

May.19.2015

SEA BREEZE W SIDE story, is directed by Lander Inc., was awarded FWA MOBILE OF THE DAY!

TAISHI NAKAGAWA and SUZU HIROSE are playing sour-sweet memories of one’s adolescent young days.
As the name of W SIDE, the story presents in both boy and girl points of view.
Enjoy back and forward.

スクリーンショット 2015-05-19 21.30.28

SEABREEZE W side Sroty

FWA MOBILE OF THE DAY

(Japanese) 【掲載】マイナビ Web designing Web制作会社年鑑

May.09.2015

Sorry, this entry is only available in Japanese.

The talk show of Director InchuI LEE & Movie sommelier Sayumi Higashi

Mar.04.2015

Our director Inchu LEE did talk show in a film festival with Sayumi Higashi.
Please check it out!

MORE


CLOSE

Lander Inc. Harajuku Office Open!!

Mar.01.2015

Sorry, this entry is only available in Japanese.

Film Festival:COSMO FEST Tokyo2014

Nov.12.2014

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(Japanese) お腹パーマと水玉子。そして悲盡悲來

Sep.26.2014

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(Japanese) 【イベントやります】「今、出会いたい靴〜旅するシューズと雑貨たち」

Sep.09.2014

Printお久しぶりの更新です。
只今絶賛、イベントをプロデュースしています。
タイトルは「今、出会いたい靴〜旅するシューズと雑貨たち」
靴との出会いって、あるときは人生を左右するといっても過言ではありません!
あの時にあの靴を履いていなければ今の私はない、というエピソードがいくつも。
さらに旅の靴は、女性にとって甘美でありながら悩ましい存在ですね。
このサンダルでブロードウェイを観に行って、
このプラットフォームでクラブに行って、 このスニーカーでブルックリンブリッジを渡って… と荷造りしながら妄想が膨らんで結局一睡もせずに成田に向かう、なんてザラ。 しかも現地ではかけ離れた現実がまっており、速攻ビーサンを買っているという。。 そんなズッコケも終わってみれば楽しい思い出ですが、せっかくなら旅を余すことなく堪能したいものです。 そこで旅ファッションの達人、スタイリスト河井真奈さんに手ほどきしていただきながら、 旅するシューズをラインナップしました。雑貨や小物などのかわいい便利アイテムもご紹介しています。 私と河井さんの旅×靴談義もこちらで絶賛公開中。 スタイリスト河井真奈さん×ShoeCream編集長のスペシャル対談 旅にまつわる靴のストーリー シルバーウィークに8日間やっておりますので、ぜひぶらりとお立ち寄りください! ▼イベント詳細情報 「今、出会いたい靴〜旅するシューズと雑貨たち」 会場:TIME&EFFORT 住所:東京都中央区銀座8-5-4銀座マジソンビル1・2F TEL:03-6274-6950 日程:9/20(sat)〜28(sun) ※22(mon)は定休日 時間:12:00〜20:00 (土日祝 11:00〜19:00)※最終日は17:00終了

MORE

CLOSE

(Japanese) 素敵なおしり

Jul.24.2014

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(Japanese) 【Web制作】シューズオンラインショップ

Jul.23.2014

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(Japanese) Wカンヌ

Jun.19.2014

Sorry, this entry is only available in Japanese.

BACK TO TOP

BACK TO TOP