Lander

Home

CATEGORY

【ドイツ便り】働いていてもラクラク自炊!ドイツで話題のオンラインサービス

Feb.20.2017

この間あった女子会での話題。フルタイムの仕事と夜間大学の両立に励んでいる友人が珍しく料理をし始めたことを語っていました。

「Hello Freshの材料とレシピを元に作ったら簡単にできて、おいしかったよ」と満悦。内容は「ただの」サラダでも、フルーツやナッツを含んだものでこだわりを感じることができたのだとか。

Hello Freshとは最近ドイツで絶賛されている食料品の宅配サービスです。オンラインスーパーや農家のウェブショップなどとの違いを簡単にまとめます。

・毎週8種ほどのレシピが紹介され、2人もしくは4人分の材料が送られてくる

・過去と次週のレシピはネットで閲覧可能

・1週間に3もしくは5食分の注文が可能

・値段の相場は2人、3食分だと約40ユーロ(=約4820円)

・調理時間は20-45分に限定

 

サービス内容をビジュアル化したビデオはこちら



紹介される料理は幅広く、例えば生野菜と鶏肉のトルティーヤ、豚ヒレとマッシュポテト、しめじやチンゲン菜を使ったアジアン風リゾットなど多国籍料理が主流です。

Hello Freshの共同創設者ドミニク・リヒター氏によると当オンラインサービスの顧客層には下記の特徴が見られます。(http://www.startstories.de/artikel/interview-mit-gruender-dominik-richtervon-hellofresh/参照)

・健康的な生活を心がけている

・週に3-5回は自炊したい

・なるべく食べ物を無駄にしたくない

・共働きの夫婦やカップル、子持ちの家族(30―50歳)

 

自炊と買った食材を食べきることは働いていると確かに難しいですよね。実際、私も平日に料理をすることが少なく、夕方は簡単なサラダや果物、もしくは外食で済ませています。そのため週末にまとめ買いした野菜が腐ってしまうことも度々あります。

このような問題の解決策はHello Fresh以外にもあります。それはKochhaus(コッホハウス)というコンセプトスーパーです。KochhausはHello Fresh同様、限定された食べ物の食材を2人もしくは4人分、その場で購入できるシステムです。

店内には下のようなコーナーが8つほど設置されていて、黒板に料理と必要な材料の写真、手前のテーブルにレシピと材料が置かれています。テーブルの横には小さい冷蔵庫もあり、肉やバターなどが入っています。

画像1
誕生日にKochhausのクーポン券をもらったので、一品作ってみることにしました。この日は鴨肉のマンゴーソース和えとライムとコリアンダーで味付けしたうどんを選びました。こちらもまさに多国籍料理!ドイツでは近頃、うどんやそばが出回っているのですが、ドイツで売られるうどんは太くなく、平たいパスタのようなものが多いです。

今まで経験したことがない食材のコンビネーションでしたが、たっぶり生姜を含んだマンゴーソースがお肉に合い、うどんもライムの味が効いていて、おいしかったです。お店でもらったレシピは早速料理本とともに保管します!

IMG_3277
多忙な中で料理をさぼらず、調理を楽しむサービス。健康だけでなく、多彩なレシピにより自分の今までの食生活を見直すきっかけにもなります。Hello Freshにおいてはヨーロッパだけでなく、北アメリカにも広まり、人気が上昇中です。このような宅配サービスは日本でも通用するかもしれませんね。

 

 

プロフィール
町田文
1986年生まれ、東京都出身。ドイツ・ミュンヘン在住。マーケティングの仕事をする傍ら、ドイツのライフスタイルや観光に関するライティング、翻訳を行っている。自身のウェブサイト「ドイツでハンドメイドライフ」ではドイツ語の口語表現や現地情報を発信。

 

【パリ便り】勤務時間外は完全オフラインに!業務メールを無視していいフランスの新法

Feb.10.2017

2017年1月1日、フランスで新しい法律が施行されました。
「オフラインになる権利」と呼ばれる新法は、フランスの労働者は勤務時間外に業務メールを見なくてもいいという内容。従業員50人超の企業には、従業員が業務メールを送受信してはならない時間帯を明記する行動規範の策定が義務付けられます。

これにより、退勤後やバケーション中などは一切業務メールを無視しても咎められず、本当の意味で仕事から解放されるわけです。「勤務時間外にも業務メールを確認して返信するべきというルールは強迫観念のようにつきまとい、残業代を受け取っていないうえに、ストレスや燃え尽き症候群、睡眠障害、家族関係の問題を起こしかねない」と主張する人が多かったのだとか。

確かに、バケーション中旅先で羽を伸ばしてリラックスしている時に業務メールを受け取ると、一気に現実に引き戻されます。それが深刻な内容ならなおさら……。

75b9cffbcb3eb8a2a9113ce53574b6c2_s
周りのフランス人を見ていると、彼等はオンとオフの差がものすごく激しい性分だと日頃から感じます。

日本人であればプライベートの時間に同僚と飲みに行って仕事の話をするというのは度々ありますよね。フランス人にそれを言うと「オフタイムに仕事の話なんて!」ととても信じられないというリアクションでした。

仕事の話をするとしたら接待に限りますが、これもフランス的ルールが存在します。
接待のためにディナーに誘うのはご法度で、ランチの2時間程度と決まっているのです。ディナーに誘うということはプライベートで付き合いたいという意思表示であり、たとえご馳走したり手厚い接待を行っても、ビジネス上でのお返しが来ることは期待できず、日本人のように“借りを作る”という考え方は通用しないのです。

foodiesfeed.com_wine-bar-table
サルコジ元大統領の不倫、再婚などのスキャンダルが報道された時もフランス人は口を揃えて「大統領がオフタイムに何をしてようが、プライベートは関係ない」と言っていたそう。
日本とのオン・オフの考え方の違いが顕著に表れている例ではないでしょうか。

また、フランス語には友人や恋人を意味する単語にもami(アミ)やcopain(コパン)と関係性によって分けられています。心から信頼できる関係はami、遊び仲間の一人という軽い関係ならcopain。さらにこれら単語にpetite(プティ)がつくとさらに細かく分けられるなど、関係性や物事を白黒はっきりさせるメンタリティが根付いているようです。

完全にオフラインになることが許される新法は、労働者にとっては喜ばしい内容ですが、バケーション中の本人にしか処理できない業務や顧客とのやり取りなどが発生した場合どうなるのでしょうか……。利用者側に立った時、「担当者はバケーション中で連絡が取れません」と言われて納得できるのか疑問です。

新しい法律が施行されたり取り止めになったり、案外法律をコロコロ変えるフランス政府なので、今後この法律が社会全体にどのような影響を与えるのか、見守りたいと思います。

 

【パリ便り】廃棄食材でフルコースディナーを作る異色レストラン『Freegan Pony』

Jan.03.2017

古き良きを大切にしながらも、時代を嗅ぎ取り独自の進化を遂げるパリ。
表面的なことよりも、情緒や風情を重要視するユニークな美意識を持つフランスは、アメリカやアジアとはまた違ったアイディアで私たちを魅了してくれますよね。

そんなリアルなパリのムードやトレンドの中から、日本でのビジネスや企画のアイディアに刺激を与えてくれそうなトピックスを、Landerパリ支部代表のELIEが毎月お届けします!

paris1 まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物、いわゆる“食品ロス”はフランスでも関心の高い社会問題。フランスでは年間約700万トン(2015年度)という膨大な食品が廃棄されています。これを金額に換算すると、年間で1兆6000億〜2兆6700億円が無駄にされているとL’express誌は報じていました。

フランス政府は2013年に、食品廃棄量を2015年までに半減させるという目標を打ち出し、今年5月には世界で初めて、大手スーパーマーケットがまだ食べられる食品を廃棄処分することを禁じる法律が可決されました。
この法律により、店舗の面積が400平方メートルを超えるスーパーマーケットは、賞味期限切れで販売できなくなった食品を処分するのではなく、慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥料に転用するよう義務付けられたのです。

paris1 法律制定後、不要になった食品の配送を行う流通業者や、福祉施設などへ提供するフードバンク団体が新たに誕生しました。なかでも注目を集めているのは、パリ北部の幹線道路高架下でフルコースディナーを提供する非営利団体『Freegan Pony』です。

paris1 パリ近郊の生鮮食品市場から売れ残った野菜や果物を引き取り、ベジタリアン料理に変えてしまう異色のレストラン。路上に捨てられている廃棄物から衣食住をまかなう反社会主義(Freegan)の思想に基づき、その名が付けられたそう。
団体に所属する職員や、ボランティア参加者、時には有名シェフも無償で参加し料理を振る舞っています。不定期で週2〜3日の営業、事前にSNSを通じて営業日が告知されますが、毎回わずか1時間ほどで全60席埋まってしまう盛況ぶり。
メニューはその日の朝入手できた食材によって決められ、値段はなし。お客がそれぞれ支払える額を提示するという仕組みを取り入れています。

paris1 日本の食品ロスは年間約632万トン(2015年度)。大手食品メーカーが賞味期限を伸ばすために製造方法の見直し・改良を行ったり、食べ残しが作法である中華料理のお店が多い横浜も、食べ残しを持ち帰るドギーバッグを推奨するなど「食べきり協力店」事業に取り組んでいるといいます。店側も捨てる量を減らせるとともに、片付けにかかる時間や手間といった人的コストが省けるというメリットも。

世界の中でも率先して食品ロスの問題に取り組むフランス。国際的にも重要課題として位置付けられ、国連計画では「2030年までに小売り・消費レベルにおける世界全体の1人当たりの食料の廃棄を半減させ、食品ロスを減少させる」という目標が掲げられました。

環境省が今年3月に行った全国調査では、全食品ロスのほぼ半分の約300 万トンは日本国内の家庭から出ていると推計しています。たかが食材、されど食材。私たち一人ひとりの食卓も世界に繋がっているのです。

パリ支部のコンテンツ制作

Dec.25.2016

パリ支部のコンテンツ制作事例をご紹介します。

ファッションブランドMaison de Beige様のWebメディアでパリの旬な情報をお届けしています。
ぜひご覧ください。

▼フランスで活動する工芸作家の作品を集めたコンセプトストア「EMPREINTES」
http://maisondebeige.jp/culture/paris_vol1.html

meson_main

佐野円香のデジタル写真集発売中

Dec.25.2016

Lander Creator所属のフォトグラファー佐野円香の撮り下ろし写真集(電子書籍)が、4冊発売中です!

佐野と言えば、女子エロハンター。女性目線のグラビアは、大胆不敵なのにキュートで清潔感までも漂う。
まさに新時代のエロ。エロは深いです。
ぜひご覧くださいませ。

▼warp MAGAZINEスピンオフ企画!本誌では出来ないこんな大胆なデジタルブックがリリース!
http://www.warpweb.jp/entertainment/art/photo/33639.php

warp01
warp02

ブレーン1月号「プリッツの日」掲載

Dec.25.2016

書籍版のブレーン1月号と、ブレーンwebサイトで「プリッツの日」の事例が紹介されました。

Lander Inc.はweb制作で参加させていただきました。

WebディレクターMutsumi Leeの他、撮影はLander所属の佐野円香が担当しています。ぜひご覧くださいませ。

▼ブレーンWeb
http://mag.sendenkaigi.com/brain/201701/up-to-works/009550.php

11291121_583ce61e25d8b

American Film Market@santa monica

Nov.19.2016

11月はしばらくLAにいました。
滞在中、サンタモニカで開催されていたAFMに初参加!
AFMでは毎日カンファレンスが開催され、ハリウッドの凄腕プロデューサーに自分の映画の企画をピッチするピッチカンファレンスや、sales agancy、talent agancy、distribution companyとの付き合い方、fundingについてなど、映画ビジネスには必要不可欠な話を聞くことができました。
基本的なことも多いけれど、ハリウッドならでは、インターナショナルならではの事情も聞けてよい機会でした。

ハリウッドでは、そこらじゅうにエンターテイメント関係者がいるので、本物とニセモノを区別し、本物と繋がることがとても重要というのはよく言われること。今回は特に売り込みとかコネ作りをするなどアグレッシブなスタンスではなかったけれど、偶然仲良くなった女性がウィリアム・モリス事務所のマネージャーでびっくり!滞在中は何度かMTGして映画や監督へアドバイスもらい、帰国後もメッセージのやりとりが続いています。

ウィリアム・モリスと言えば…カーテンの柄の方ではないですよ^^;アメリカの4大エージェンシーでハリウッド俳優やミュージシャンはもちろん、映画監督も所属している事務所です。スターウォーズのJ・J・エイブラムス、リドリー・スコット、マイケル・ベイ、クリント・イーストウッド、タランティーノなど錚々たる顔ぶれが。。雲の上の世界のような人たちと、さらっと出会えてしまったりもするのがアメリカぽいな〜と思ったLA出張でした。

2016-11-07-16-44-49

音楽監督ノ・ヒョンウのマネジメントスタート

Oct.29.2016

gikyodai
楽監督ノ・ヒョンウの日本プロデュース・マネジメントをLanderでスタートしました!

キム・ギドク監督「絶対の愛」で音楽監督デビュー。
ソン・ガンホ、カン・ドンウォン主演の大ヒット映画「義兄弟」を始め数多くの映画・ドラマで音楽監督、作曲を担当。日本では中居正広さん主演のTBSドラマ「ATARU」の音楽も手がけています。

ストーリーを噛み砕いて解釈し作曲・監督することが得意。こだわりがありながらも丁寧なコミュニケーションができ、監督とともに映画・映像のクオリティを音楽で見事に引き出します。韓国に自身のミニスタジオがあり、少人数の演奏なら自社スタで録音可。

個人的には「傷だらけのふたり」のテイルのチャチャが好きです♪



ノ・ヒョンウ プロフィール&実績
http://lander.jp/creators/682

日本での仕事に非常に意欲的です!ご予算・スケジュールなんでもお気軽にご相談くださいませ^^

スタッフ募集中

Sep.26.2016

事務・経理のアルバイトと、イ・インチョル監督のアシスタントを募集しています。

【事務・経理の引き継ぎアルバイト募集】
小さなお子さん連れでの出勤も応相談、会社勤めの方の副業アルバイトとしても可。
月30時間以内程度のアルバイトです。
1日3時間で複数回でも、1日8時間で月2,3回でも、都合に合わせて仕事ができます。
年内で育児休暇に入る前任者との引き継ぎで、アルバイトを募集しています。

■必要スキル
エクセルやワード等Officeソフトを問題なく使える方
入力作業など細かく丁寧な作業が得意な方
※Mac経験は優遇
■条件
勤務地:Lander原宿オフィス
明治神宮前駅から徒歩5分、原宿駅から徒歩8分
待遇:引き継ぎ期間時給1000円、通常時給1200円。交通費支給


【イ・インチョル監督のアシスタント】
短編アニメーション映画制作が始まるにあたって、イ・インチョル監督の作業をアシストしていただけるインターン・アルバイトを募集しています。学生可。

■必要スキルなど
Adobe Premiere,After Effects,Photoshop,Illustratorの基本的な操作ができる方
上記必要ソフトが入ったノートPCをお持ちの方
※さらに文章力に自信がある方は優遇
■条件
勤務地:Lander原宿オフィス
明治神宮前駅から徒歩5分、原宿駅から徒歩8分
待遇:取り組み方によって要相談、交通費支給

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。
info@lander.jp
採用係宛

ヒーリングトラベル ~湯田中温泉

Sep.12.2016

Junkan Salonのヒーリングメニュー開発のリサーチのため、週末はあちこちにヒーリングトラベルしています。

img_9389
長野駅からローカル線に乗り換えて湯田中にいってきました。
昼過ぎについてちょっと早めにチェックインできるかな、と旅館にいったら時間までは入れなかったので、駅前をぶらぶら。100mの間に5軒くらい小さなスナックの看板が。
駅前にいったい何軒のスナックがあるのかしら。
娯楽が少ない土地ならでは光景かな?
ランチ場所を探し歩いても、ポツリポツリとある居酒屋やラーメン屋も夜からの営業なので駅前のカフェに戻ることに。

l1010574
15時過ぎ改めてチェックインに行くと、せわしなく働く旅館のスタッフが増えていました。
閑散とした昼過ぎとは違い随分と活気が出て、次々にお客さんがやってきます。
ああ、ここは夜に動き出す街なんだ。
最近観なおした「千と千尋の神隠し」もそうだったな。昼間はひと気のない街が、日が暮れる頃からお店が開店し、お客さんがぞろぞろとやってくる。これが湯の町なんですね♪

さっそく軽やかな肌触りの温泉に入り、リラックスしたところ部屋で監督とアニメーションの制作会議。
やらねばと思いつつ集中して時間を取れなかったので、ここで終わらせねば。
東京ではあまりに忙しく様々なことに追い立てられているので、今回の旅は棚上げにしていたことを片付けるための週末オフィス移動という目的もアリ。

l1010591
会議を始めたら、あっという間に企画がまとまって、内容も大満足^^

そしてもちろんJunkan Salonのコンテンツリサーチも。温泉ヒーリングで自分のストレスや胃痛の軽減を感じる。外に流れる澄んだ空気、視界に入る自然も重要な要素ですね。

スパはアロマボディーコースを受けました。先日受けたJunkan Salonのアロマヒーリングメニュー「マイキャリーアロマ」診断によると、今の私に必要なものは「女性らしさ=ゼラニウム」だったので(全くその通り苦笑)、ゼラニウムベースのアロマをセレクト。
ゴリッゴリの首肩腰をほぐしてもらい、アロマの香りとマッサージのハンドタッチでとろけるように癒される。
2部屋あり2人まで同時施術が可能です。
ハンドタッチの強さも好みに合わせてくれるので、マッサージ慣れしていても物足りなさは感じませんでした。
(アロマボディーコース60分1万800円)

もうひと風呂して、もう一仕事しようと思っていたけれど、あまりに心地よくそのままベッドイン。

ヒーリングトラベル&週末オフィス移動シリーズ、今後も続きます。

▼宿泊情報
長野 湯田中温泉 旅館 あぶらや燈千
http://www.aburaya-tousen.co.jp/

お風呂に持っていく巾着は内側がビニール製だったり、スリッパにシールを貼って大浴場でも自分の物がすぐ分かったりと、本当に細やかな気配りが素晴らしい!お部屋もモダン和室にベッドというインテリアでセンスよく、眺めも居心地も◎食事も言うことなし!個室でお寿司握ってくれたり、だし巻き卵焼いてくれたりと、気分が盛り上がる演出も嬉しかった。スタッフの方一人ひとりのおもてなしレベルが高く、大満足です。

l1010578
img_9336

BACK TO TOP

BACK TO TOP