Lander

Home

CATEGORY

パリ支部のコンテンツ制作

Dec.25.2016

パリ支部のコンテンツ制作事例をご紹介します。

ファッションブランドMaison de Beige様のWebメディアでパリの旬な情報をお届けしています。
ぜひご覧ください。

▼フランスで活動する工芸作家の作品を集めたコンセプトストア「EMPREINTES」
http://maisondebeige.jp/culture/paris_vol1.html

meson_main

佐野円香のデジタル写真集発売中

Dec.25.2016

Lander Creator所属のフォトグラファー佐野円香の撮り下ろし写真集(電子書籍)が、4冊発売中です!

佐野と言えば、女子エロハンター。女性目線のグラビアは、大胆不敵なのにキュートで清潔感までも漂う。
まさに新時代のエロ。エロは深いです。
ぜひご覧くださいませ。

▼warp MAGAZINEスピンオフ企画!本誌では出来ないこんな大胆なデジタルブックがリリース!
http://www.warpweb.jp/entertainment/art/photo/33639.php

warp01
warp02

ブレーン1月号「プリッツの日」掲載

Dec.25.2016

書籍版のブレーン1月号と、ブレーンwebサイトで「プリッツの日」の事例が紹介されました。

Lander Inc.はweb制作で参加させていただきました。

WebディレクターMutsumi Leeの他、撮影はLander所属の佐野円香が担当しています。ぜひご覧くださいませ。

▼ブレーンWeb
http://mag.sendenkaigi.com/brain/201701/up-to-works/009550.php

11291121_583ce61e25d8b

American Film Market@santa monica

Nov.19.2016

11月はしばらくLAにいました。
滞在中、サンタモニカで開催されていたAFMに初参加!
AFMでは毎日カンファレンスが開催され、ハリウッドの凄腕プロデューサーに自分の映画の企画をピッチするピッチカンファレンスや、sales agancy、talent agancy、distribution companyとの付き合い方、fundingについてなど、映画ビジネスには必要不可欠な話を聞くことができました。
基本的なことも多いけれど、ハリウッドならでは、インターナショナルならではの事情も聞けてよい機会でした。

ハリウッドでは、そこらじゅうにエンターテイメント関係者がいるので、本物とニセモノを区別し、本物と繋がることがとても重要というのはよく言われること。今回は特に売り込みとかコネ作りをするなどアグレッシブなスタンスではなかったけれど、偶然仲良くなった女性がウィリアム・モリス事務所のマネージャーでびっくり!滞在中は何度かMTGして映画や監督へアドバイスもらい、帰国後もメッセージのやりとりが続いています。

ウィリアム・モリスと言えば…カーテンの柄の方ではないですよ^^;アメリカの4大エージェンシーでハリウッド俳優やミュージシャンはもちろん、映画監督も所属している事務所です。スターウォーズのJ・J・エイブラムス、リドリー・スコット、マイケル・ベイ、クリント・イーストウッド、タランティーノなど錚々たる顔ぶれが。。雲の上の世界のような人たちと、さらっと出会えてしまったりもするのがアメリカぽいな〜と思ったLA出張でした。

2016-11-07-16-44-49

音楽監督ノ・ヒョンウのマネジメントスタート

Oct.29.2016

gikyodai
楽監督ノ・ヒョンウの日本プロデュース・マネジメントをLanderでスタートしました!

キム・ギドク監督「絶対の愛」で音楽監督デビュー。
ソン・ガンホ、カン・ドンウォン主演の大ヒット映画「義兄弟」を始め数多くの映画・ドラマで音楽監督、作曲を担当。日本では中居正広さん主演のTBSドラマ「ATARU」の音楽も手がけています。

ストーリーを噛み砕いて解釈し作曲・監督することが得意。こだわりがありながらも丁寧なコミュニケーションができ、監督とともに映画・映像のクオリティを音楽で見事に引き出します。韓国に自身のミニスタジオがあり、少人数の演奏なら自社スタで録音可。

個人的には「傷だらけのふたり」のテイルのチャチャが好きです♪



ノ・ヒョンウ プロフィール&実績
http://lander.jp/creators/682

日本での仕事に非常に意欲的です!ご予算・スケジュールなんでもお気軽にご相談くださいませ^^

スタッフ募集中

Sep.26.2016

事務・経理のアルバイトと、イ・インチョル監督のアシスタントを募集しています。

【事務・経理の引き継ぎアルバイト募集】
小さなお子さん連れでの出勤も応相談、会社勤めの方の副業アルバイトとしても可。
月30時間以内程度のアルバイトです。
1日3時間で複数回でも、1日8時間で月2,3回でも、都合に合わせて仕事ができます。
年内で育児休暇に入る前任者との引き継ぎで、アルバイトを募集しています。

■必要スキル
エクセルやワード等Officeソフトを問題なく使える方
入力作業など細かく丁寧な作業が得意な方
※Mac経験は優遇
■条件
勤務地:Lander原宿オフィス
明治神宮前駅から徒歩5分、原宿駅から徒歩8分
待遇:引き継ぎ期間時給1000円、通常時給1200円。交通費支給


【イ・インチョル監督のアシスタント】
短編アニメーション映画制作が始まるにあたって、イ・インチョル監督の作業をアシストしていただけるインターン・アルバイトを募集しています。学生可。

■必要スキルなど
Adobe Premiere,After Effects,Photoshop,Illustratorの基本的な操作ができる方
上記必要ソフトが入ったノートPCをお持ちの方
※さらに文章力に自信がある方は優遇
■条件
勤務地:Lander原宿オフィス
明治神宮前駅から徒歩5分、原宿駅から徒歩8分
待遇:取り組み方によって要相談、交通費支給

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。
info@lander.jp
採用係宛

ヒーリングトラベル ~湯田中温泉

Sep.12.2016

Junkan Salonのヒーリングメニュー開発のリサーチのため、週末はあちこちにヒーリングトラベルしています。

img_9389
長野駅からローカル線に乗り換えて湯田中にいってきました。
昼過ぎについてちょっと早めにチェックインできるかな、と旅館にいったら時間までは入れなかったので、駅前をぶらぶら。100mの間に5軒くらい小さなスナックの看板が。
駅前にいったい何軒のスナックがあるのかしら。
娯楽が少ない土地ならでは光景かな?
ランチ場所を探し歩いても、ポツリポツリとある居酒屋やラーメン屋も夜からの営業なので駅前のカフェに戻ることに。

l1010574
15時過ぎ改めてチェックインに行くと、せわしなく働く旅館のスタッフが増えていました。
閑散とした昼過ぎとは違い随分と活気が出て、次々にお客さんがやってきます。
ああ、ここは夜に動き出す街なんだ。
最近観なおした「千と千尋の神隠し」もそうだったな。昼間はひと気のない街が、日が暮れる頃からお店が開店し、お客さんがぞろぞろとやってくる。これが湯の町なんですね♪

さっそく軽やかな肌触りの温泉に入り、リラックスしたところ部屋で監督とアニメーションの制作会議。
やらねばと思いつつ集中して時間を取れなかったので、ここで終わらせねば。
東京ではあまりに忙しく様々なことに追い立てられているので、今回の旅は棚上げにしていたことを片付けるための週末オフィス移動という目的もアリ。

l1010591
会議を始めたら、あっという間に企画がまとまって、内容も大満足^^

そしてもちろんJunkan Salonのコンテンツリサーチも。温泉ヒーリングで自分のストレスや胃痛の軽減を感じる。外に流れる澄んだ空気、視界に入る自然も重要な要素ですね。

スパはアロマボディーコースを受けました。先日受けたJunkan Salonのアロマヒーリングメニュー「マイキャリーアロマ」診断によると、今の私に必要なものは「女性らしさ=ゼラニウム」だったので(全くその通り苦笑)、ゼラニウムベースのアロマをセレクト。
ゴリッゴリの首肩腰をほぐしてもらい、アロマの香りとマッサージのハンドタッチでとろけるように癒される。
2部屋あり2人まで同時施術が可能です。
ハンドタッチの強さも好みに合わせてくれるので、マッサージ慣れしていても物足りなさは感じませんでした。
(アロマボディーコース60分1万800円)

もうひと風呂して、もう一仕事しようと思っていたけれど、あまりに心地よくそのままベッドイン。

ヒーリングトラベル&週末オフィス移動シリーズ、今後も続きます。

▼宿泊情報
長野 湯田中温泉 旅館 あぶらや燈千
http://www.aburaya-tousen.co.jp/

お風呂に持っていく巾着は内側がビニール製だったり、スリッパにシールを貼って大浴場でも自分の物がすぐ分かったりと、本当に細やかな気配りが素晴らしい!お部屋もモダン和室にベッドというインテリアでセンスよく、眺めも居心地も◎食事も言うことなし!個室でお寿司握ってくれたり、だし巻き卵焼いてくれたりと、気分が盛り上がる演出も嬉しかった。スタッフの方一人ひとりのおもてなしレベルが高く、大満足です。

l1010578
img_9336

Paris 〜マダムのおしゃべり

Sep.12.2016

ファッションの都なのに、フランス人にとって身なりにお金をかけるのはこの上なく「ダサい」ことだそう。
女性もスッピンが一番。じゃあどんなことがカッコイイのか?
それは「知性があること」らしい。
ほー!オシャレはしたいけど、知性が一番評価される価値観は、いいね。
そういえば、サンローランのショルダーバッグを持って蚤の市に行ったら、お店のマダムが

「サンローラン?いくらしたの?まあ、高いわね~!サンローランやCHANELやディオールなんて高くなりすぎて、中国人しか買えないのよ!」

みたいなことを言っていた。
皮肉屋でおしゃべりなフランス人に、ちょっと馬鹿にされたんだろうな。

印象的だったのは、ルーブル美術館近くのセーヌ川沿いで静かに自分の小さな絵を売っていた初老の女性との出会い。
パリの有名なお店や風景がとても可愛く描かれていてつい立ち止まってしまった。
女性はとても簡素な出で立ちで物静かな雰囲気だったので、絵が無ければ彼女には気が付かなかったかもしれない。
お土産に絵を一つ選ぶと

「どこから来たの?」
「日本から」
「そう、昔日本に言ったことがあるわ」
「どこに行ったの?}
「日本全国」
「全国?すごい」
「クラシックバレエダンサーだったの、それで世界中いろいろなところにいったわ」
「素敵!昔バレエダンサーで今は画家なんだ。あなたはアーティストだね。」
「ふふふ、メルシー」

静かな笑顔と美しく深いしわ、いたずらっぽい瞳がキラリ。
あんな女性になりたいな、と思った。

l1010659

Paris 〜いつもの日常こそが抵抗の証

Sep.11.2016

滞在中はパリ支部代表のELIEにパリを案内してもらったり、フランス人の価値観や日本との違いについて話し込んだり、有意義な時間を過ごせた。

l1010411-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
フランスとテロの問題は根深く簡単に解決するようなものではない。
植民地化や移民政策など長い長い歴史が複雑に絡み合っている。
テロに対するフランス人の態度は普段通りに生活することが今のところ一番の対抗であるようだ。
別の知人に聞いたのは昨年の同時多発テロの翌日も勤務先のレストランは普段通りに営業し、スタッフたちはここで閉めたらテロに屈することだとオーナーに鼓舞されたという。

実際のところ街を歩いていると、迷彩服のアーミーが銃を持って見まわっていたり、警察がところどころで目立つ以外は異常な雰囲気を感じることもなく、観光客もそれなりにいるし人々はリラックスして過ごしているように見えた。

つづく

l1010335-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc (今年でビキニ誕生70周年!のポスター)

Paris 〜驚きのイミグレーション

Sep.11.2016

8月、Landerのパリ支部代表に会いにパリへ行ってきました。
一連のテロによる治安や情勢など、実際は現地の様子はどうなのかも確かめたかったのです。

l1010184-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2
明け方にシャルル・ド・ゴールに到着。

なんと驚くほど簡単にイミグレーション通過・・・
今まで色んな国にいったけれど、一番早かったかも。
さすがに今のフランスは厳しいだろうと覚悟していたので口あんぐり。
これじゃあテロリストも入りやすいんじゃなかろうか?と一抹の不安がよぎる。

空港からはサンジェルマン地区のホテルまでタクシーで移動。

朝5時にホテルについてしまうがチェックインは15時から。
運が良ければアーリーチェックインできるだろうと気楽に向かう。
そして本当に運良く部屋がすでに1室空いており、到着してすぐチェックインできた〜!
もちろん追加料金なし。

こういうところ海外は本当に融通が効くんですよね。
日本は・・まあ、真面目すぎ&個人の裁量範囲が狭いからこういうことは期待できないデス。

到着早々からフランス人の色々な面を垣間見れた気がした数時間でした。。。つづく。

l1010304-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

BACK TO TOP

BACK TO TOP